女性が浮気をして離婚に繋がるケースが多くなっている現実

離婚の原因の多くは浮気

昔から変わらず多い離婚の原因は浮気です。

 

特に最近の傾向としては男性よりも女性が浮気をして離婚に繋がるケースが多くなっており、浮気が原因となる離婚になってくると浮気相手に対して慰謝料の請求をすることも少なくないため、離婚相談をする場合は法律事務所などにするケースが多くなっています。

 

 

浮気と不倫は厳密には違う

ちなみに浮気と近い言葉に不倫という言葉がありますが、不倫というのは婚姻状態にある場合に配偶者とは別の異性と性的な関係を持つことで、性的な関係を持つことだけが定義ではない浮気と比べると不倫の方がより深刻な問題です。

 

 

離婚相談をして離婚を進めていく場合に、浮気や不倫が理由の場合は裁判や調停のことも見通した上で話しを進めていく必要がありますが、浮気や不倫をしている証拠を掴んでないと交渉は難しくなるため、証拠が不十分な場合はあらかじめ決定的な浮気や不倫の証拠を用意しておく必要があります。

 

不倫が原因なら、探偵を使ってみては?

これは離婚相談をした時にも勧められることですが、浮気や不倫の証拠をおさえたいなら探偵や興信所に依頼して調査してもらうことがおすすめです。
依頼料というのはかかりますが、浮気や不倫の証拠が見つかった場合は慰謝料の請求ができるため、これでかかった費用を取り戻すことができます。

 

 

ただし、この場合は浮気や不倫をしていることがほぼ間違いないという場合に有効で、もしかしたら浮気や不倫をしているかもしれないというくらいだと実際にはしてない可能性があるので注意が必要です。