離婚とお金の問題と関係

貧乏が離婚の原因になりえる

貧乏でも愛があれば結婚生活は楽しいものになると希望を持って結婚する人は多くいますが、現実はそんなに甘くなくお金が無いと気持ちに余裕が無くなってしまい、それによって夫婦間で気持ちの歪みが生まれるようになって、結果的に離婚になってしまうことは多くあります。

 

 

いろいろある離婚相談でも多いお金の問題ですが、特に深刻になるのは相手が勝手に借金をした場合で、金融機関の中には配偶者の許可なくお金を借りることができるところも多いため、家族に内緒で借金をして金融機関からの取り立てや催促によって相手が借金をしていることに気付くことは少なくありません。

 

 

借金は信用を傷つける

事前に借金することを相談してくれていたならまだ許せるところはあるかもしれません。

 

黙って借金をされることに対して傷つく人は多く、借金の問題よりもむしろ自分が信用されてなかったのかということに気持ちが冷めてしまいます。

 

 

お金に節操がない人は

お金に節操がない人は再び借金をする可能性があるので、離婚を決意したら離婚相談をして離婚に向けた準備を進めることが賢明なこともありますが、将来的に離婚の話しが泥沼化してしまう可能性があるのであれば、離婚問題に強い法律の専門家に離婚相談することをおすすめします。

 

 

ちなみに相手の借金が理由で離婚をする場合は財産分与で自分に借金が分配されるのではないかと不安に思う人がいるかもしれませんが、この場合は財産分与を破棄するという方法がベストです。