熟年離婚は女性側から離婚を切り出す事例が多い

最近熟年離婚が増えている

熟年離婚という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

 

熟年離婚の増加によって高齢の人が離婚相談をするケースが非常に増えており、特に男性よりも女性の方が離婚相談をするケースが多く、若年層にはあまり見られない特徴的な離婚となっています。

 

熟年離婚とは

熟年離婚というのは長年連れ添ってきたパートナーと離婚をすることを言います。

 

特に多いのは男性側が定年退職をして自宅にずっといるようになってからで、男性側からすると自分の家なので居ても当然だという気持ちですが、女性側からするとこれまでずっと居なかったところに人が1人増えるので、それだけで面倒に感じてしまうことがあります。

 

男性が退職をしてから……

家事に積極的な男性ならまだ良いのですが、退職をしてからも仕事をしている時と同じような態度を取り、何も協力しない男性は多く、こうした環境に耐えられなくなって女性側から離婚を切り出すというものです。

 

 

女性の中にはパートナーの退職をきっかけに離婚しようと何年も前から準備をしている強かな女性も多く、男性からするといきなり離婚を言い渡されて寝耳に水状態ですが、それに至る原因に男性も関わっている場合がほとんどです。

 

 

いずれにしても熟年離婚で離婚相談をする女性は離婚の意志がしっかり固まっている場合が多いので修復することは困難な場合が多くなっていますが、その反面で男性は離婚をしたくないという場合が多いため、話し合いだけで折り合いがつかず裁判に至るケースも少なくありません。