結婚相手に暴力を振るわれる

昨今増え続けるDV被害

離婚の原因で最近増えているのはDVです。

 

DVというのは結婚相手に暴力を振るわれることで、離婚相談でも件数が非常に増えているDVは時として殺人事件などに繋がることもあるため、いろいろある離婚の原因の中でも問題が重要な離婚原因となっています。

 

言葉による暴力もDVになる

DVで悩むのは女性が圧倒的に多くなっていますが、最近は男性がDVで離婚相談するというケースも増えてきており、女性が男性に対して暴力を振るうケースも増えています。

 

また、身体的な暴力だけでなく、言葉の暴力というのもDVとして数えられます。

 

もしもDVを受けているなら

なぜ、結婚相手に暴力を振るう人が増えているのかという部分ですが、これはコミュニケーション能力の欠如が大きく関係していると言われており、自分が伝えたいことを上手に伝えることができず、それによって感情が高ぶってしまって暴力を振るうというものです。

 

気持ちが落ち着いた後は暴力を振るったことに対して罪悪感や後悔するので、断続的な暴力というよりは一過性の暴力の場合が多く、反省している姿を見て暴力をされた側も許してしまうことが多いのですが、DVはエスカレートしていく場合がほとんどで、暴力を振るわれる側の気持ちも麻痺していくことが多くあります。

 

 

少しでも身の危険を感じる場合やそれが理由で離婚を考えている場合はエスカレートする前に離婚相談をして離婚に向けた準備を進めることも重要ですが、自治体によってはDV専用の離婚相談室というのもあるので、これを利用すると良いでしょう。