まだ離婚の意思が定まっていない

結婚生活を維持したいなら

離婚を考える場合に相手のことが嫌いではなく、できれば結婚生活を持続させたいけど性格の不一致や価値観の違い、また過去に浮気歴があるので反省はしているもののそれに対しての怒りが収まらないという理由で離婚を考えている場合は離婚に対して迷いが見えることも少なくありません。

 

 

離婚相談をする人には男性や女性に問わず、離婚の意志がはっきりと固まっていてどのように離婚を進めて行けばいいのかアドバイスを聞くという目的の人と、離婚の意志が構っているようで実はそうでもなく迷いが見える人がいます。

 

離婚するリスクやデメリットは多いので離婚に迷いがあるなら離婚をしない方法を考えるというのも方法の一つです。

 

離婚を避けたいならカウンセラーに

離婚の意志にまだ迷いがある場合や離婚をしたいという気持ちがあるものの、できれば離婚は避けたいという気持ちがあるなら、離婚相談のカウンセラーに相談することをおすすめします。

 

最近はこうしたカウンセリングサービスが非常に増えていて、離婚を目的とせず修復を前提として話しを聞いてくれるところがあります。

 

カウンセラーが問題を解決してくれるわけじゃない

カウンセラーに話しを聞いてもらったからと言って現実が変わるわけではありません。

 

しかし、一つの物事を見る場合に正面から見ているとそこの面しか見えませんが、離婚相談をすることによって同じ物事であっても多角的に見ることができるようになることも少なく、こうして多角的に物事を見ることによって違った考えができるようになります。