離婚すると意思が固まったら

離婚に対してどう思ってる?

離婚を考えている場合に離婚をするかしないかで迷っている場合は離婚を思いとどまって修復の道を選ぶこともできます。

 

離婚を考えている場合に離婚をするという前提で離婚後の未来設計を考えている場合は離婚に対して未練も無く修復は難しくなってくるので、この場合は強かと思われても自分がいかに有利に離婚をすることができるかということになってくると思います。

 

 

離婚相談を依頼してみては?

ここまで意志が固まっている場合の離婚相談になってくると離婚カウンセラーではなく、離婚相談に強い法律事務所に相談をすることになってくると思いますが、離婚にはトラブルも多く、特に相手が離婚に難色を示している場合はトラブルの長期化が懸念されるところなので、あらかじめ離婚に向けた準備をしておく必要があります。

 

 

このようなことをすると倫理や道徳に反すると思われてしまいますが、離婚を決意するに至る過程にはいろいろなことがあり、自分だけに非があって離婚をするのではないと思うので、相手が離婚を拒んでいる以上は仕方ないと言い聞かせるしかありません。

 

無料相談を活用して

離婚相談をする場合に法律事務所の場合は有料相談というのが基本となっているところが多くありますが、定期的に無料相談というのも多く開催されているため、無料相談を利用して話しを聞いてもらうことをおすすめします。

 

しかし、後からのことを考えた場合に無料相談の流れで依頼した方が手間もかからないため、事前に法律事務所の相談を調べてから依頼するようにしましょう。