離婚届の提出の流れやデメリットなど

結婚後の名前について

結婚をする場合は男性側か女性側かどちらかが姓を相手側に変えるのが普通ですが、離婚をする場合は当然ながら復氏といって元の姓に戻すことになり、戸籍上も住民票上も姓は結婚前に戻ります。

 

離婚相談の中には旧姓の姓を名乗ることはできるのかという相談もありますが、仕事をしている場合や子供がいる場合は姓が変わることによって周囲の目が気になるという人や、その姓が馴染んでいるという人からすると姓を元に戻すリスクは高く、できれば姓だけは変えたくないというものです。

 

 

離婚をしたら性はどうなる?

離婚をしている人の中には離婚をしても姓を変えてない人がいるので、離婚後に姓を変えない方法というのはありますが、離婚から3カ月以内の手続きが必要であるということやそれをする旧姓に戻すことができなくなるというデメリットもあります。

 

離婚問題に強い行政書士や司法書士、弁護士などに離婚相談をする際は姓についても聞いておくと良いでしょう。

 

 

離婚相談をしてトラブルを防ごう

離婚届を提出すると離婚は簡単に成立することになりますが、離婚が成立してしまうと後から慰謝料や養育費などの請求をする場合に複雑化することもあるため、離婚届を提出する前に円満離婚ではないのであれば、離婚相談をして抜け目ないようにしておくことが大切です。

 

 

また、離婚届を提出するとそれを撤回することはできないため、離婚届を提出する場合は十分に検討した上で提出する必要がありますが、仮に離婚を撤回したいのであれば、新たに婚姻届を提出する方がスムーズです。