離婚してから再婚する場合について

不倫相手と再婚を考えている場合は?

離婚を考えている人の中には結婚相手に気付かれず浮気や不倫をしていて、その浮気相手や不倫相手と離婚をした後に再婚をしようと考えているような人もいます。

 

こういったケースは最近増えており、離婚相談においても浮気相手や離婚相手とスムーズに再婚するためにはどのように離婚をしたらいいのか相談をする人は少なくありません。

 

 

離婚する前に離婚相談をするということ

離婚相談を離婚が成立する前に話して良いのか疑問に思うところもあるかもしれませんが、基本的に法律の専門家というのは離婚相談主の事情を口外することは禁じられており、それをしてしまうと自分の立場が危うくなります。

 

 

こういった事情から法律の専門家に離婚相談をする上での心配はありませんが、離婚アドバイザーなどになると法的な効力が無いため、場合によっては話しが漏れてしまう可能性もあります。

 

 

離婚をした後の再婚の問題

男性の場合は離婚をした直後に再婚することが法律で認められていますが、女性の場合は離婚してから半年が経過するまでは新たに婚姻届を出すことができないと決められており、すぐに再婚をしたい女性からすると男性との違いに理不尽さを感じるかもしれません。

 

このように男女に違いがあるのは、女性の場合は妊娠しているケースが少なからずあるということで、離婚後すぐに再婚をしてしまうとお腹の子供がどちらの子供か分からなくなることを考慮した上での決まりとなっています。

 

また、DNA鑑定などで親子鑑定が容易になったものの、まだまだ再婚禁止期間が無くなることは無いと想定されます。