面接交渉権の取り決めについて

離婚と面接交渉

子供がいる夫婦が離婚する場合に多くなる離婚相談の一つに面接交渉権に関する離婚相談がありますが、この面接交渉権というのは離婚をした後に親権が無い親側が子供に会うことができる権利のことです。

 

 

面接交渉権は協議離婚で離婚が決まる場合は事前にどれくらいの頻度で会うことができるのか話し会いでスムーズに決まる場合がほとんどですが、調停や判決離婚になると面接交渉権の問題もより大きな問題になるケースが少なくありません。

 

 

面接交渉の手続き

離婚がスムーズに進まないまま、子供を連れて家を飛び出したという場合は離婚が成立する前でも面接交渉の手続きをすることができます。

 

それからは調停や裁判になる可能性も高いため、まずは離婚相談を弁護士や司法書士にした上で面接交渉を含めた相談をして道筋を立ててもらいましょう。

 

 

離婚後も子供と会うためには

面接交渉権は認められる場合と認められない場合がありますが、何を基準にしているのかというと、子供が親と会うことによって得られる利益や福祉で、虐待などを受けていた場合は子供と会うことによるデメリットの方が大きくなるため、面接交渉権は破棄されるケースがほとんどです。

 

 

また、離婚相談をして面接交渉権の手続きがスムーズに進んで時々子供と会うことができるようになっても、そこで強引に連れ去ろうとする場合や子供不利益になるような言動や態度を取る場合は面接交渉権が破棄されて子供と会うことが出来なくなる場合もあるので注意が必要です。