慰謝料や養育費について

離婚をする上でのお金の話

離婚をする上でトラブルになりやすいのが慰謝料や養育費ですが、慰謝料を請求できるケースとしては結婚相手が浮気や不倫をしていた場合やDVによる暴力があって、精神的や肉体的に大きな負担を与えられた場合で、相手が請求に応じない場合は法律の専門家に離婚相談をして法的に請求をすることになります。

 

 

慰謝料がどれくらい請求できるのかというのは法律の専門家によっても試算が変わることが珍しくないので、離婚相談をする場合は何カ所かで相談しておくことをおすすめしますが、その場合は必ず離婚問題の実績や評判が高い法律の専門家に依頼するようにしましょう。

 

 

教育を支払うべき年齢とは?

子供がいる場合は養育費の問題も出てきますが、養育費とは子供が大人になるまで支払うお金のことで、大体の場合は20歳までの支払いとなり、大学に通うことになると22歳までを養育費の支払い期限としている場合がほとんどです。

 

離婚時の取り決めによってはもっと早い時点で養育費の支払いが終わる場合や22歳を超えて養育費を支払うケースもあります。

 

 

養育費の問題もトラブルに

養育費は親権が無い親側の収入に応じて計算されますが、離婚の状態によっても変わってくるため、慰謝料請求時と同じように離婚問題に強い法律の専門家に離婚相談をして養育費の試算を出してもらうのが一般的となっています。

 

 

養育費も離婚問題においてトラブルとなりやすい項目となっているため、後から後悔しないように納得できるまで協議することが大事になります。