離婚時の財産分与の仕方

離婚トラブルは、お金か子供

離婚で揉めるのは大体お金か子供のことですが、そのため離婚相談の大半を占めているのはお金や子供に関係したことで、特にお金については財産分与をする必要があるため、どれだけ円満離婚で話しが進んでいたとしても財産分与の話しになった途端に争いが起きることがあります。

 

財産分与はそれぞれが所有している財産をまとめて二分割しましょうというものですが、現金であれば半額をそれぞれが貰うと良いので話しは早いものの、住宅や高級品など一つしかない財産になってくると分けようにも分けることができないため、話しはより複雑なことになります。

 

 

財産分与は弁護士を頼って

できれば当事者同士で財産分与の話しを進めることができたら一番です。

 

しかし、上手く話しが進まない場合は弁護士に離婚相談をする際に財産分与についての仲介人になってもらい法的に財産分与を進めて行くと話しはスムーズに進みます。

 

 

財産分与を放棄するパターンも

基本的に財産分与は離婚時に行われるケースが多いため、離婚相談を通して離婚を進めて行く場合は初めて離婚相談をした時点から財産分与についての話しも含めることが大切です。

 

仮に離婚時の財産分与ができなくても離婚から2年間は法的に財産分与を進めることは可能です。

 

 

また、財産分与は財産の分与に限られると言う印象がありますが、どちらかが借金をしている場合や住宅にローンが残っている場合は借金においても財産分与の対象となってくるため、相手に借金が多い場合は財産分与を破棄するというパターンもあります。