離婚すると決めてからの日数と費用について

離婚の種類によって時間もお金も変わる

離婚の形にはいろいろな種類があるので、離婚で悩んでいる場合は離婚相談をしてどのように離婚を進めて行くのかアドバイスを貰うと離婚に向けた準備もスムーズに進みます。

 

こうした離婚のアドバイスをくれる機関は無料で離婚相談ができるところも多いので、お金をかけたくないなら無料のところを探して離婚相談をするようにしましょう。

 

 

離婚の種類によって離婚にかかる日数や費用は異なってきますが、協議離婚による離婚の場合は手続きで必要になるのは離婚届だけとなるので、一円もかけることなく離婚をすることができますが、話し合いがスムーズに進めばその日に離婚を成立させることもできます。

 

協議を抱えてから離婚

勢い余って離婚届を提出してしまうと後から後悔してしまうこともあるので、十分に協議を重ねてから離婚をするかどうか決めることが大事です。

 

 

協議離婚が上手くいかず、調停離婚になってくると離婚までには数カ月の期間が必要になってきますが、調停離婚は家庭裁判所での離婚になってくるものの、法的な手続きが少なく裁判なども無いため、調停離婚にかかる費用そのものは数千円で可能です。

 

 

判決離婚はお金も時間もかかる?

調停は裁判所まで足を運ぶ必要があるため、交通費や会社を休む場合はそこで損失が出る可能性があります。

 

 

判決離婚になってくると法律の専門家に離婚相談をしてから話しを進めてもらうことになるため、費用が数十万円以上かかることも珍しく無く、離婚の期間も調停から含めると1年を超えることも少なくありません。