離婚は夫婦だけの問題……じゃない?

二人の問題は二人で自由

離婚は婚姻状態を解消して独身に戻るための手続きですが、夫婦間だけの問題で終われば周囲に迷惑をかけることや問題もそこまで大きくならないので、二人の問題は二人で自由に決めたらいいと思います。

 

そこに子供がいる場合は子供が夫婦の離婚における被害者となるので、子供の意志や意見を尊重してあげることが大事になり、もちろん離婚後の生活の保障も確保する必要があります。

 

 

離婚は子供に与えるストレスが大きい

離婚相談でも多いのが離婚時の子供についてのことです。

 

離婚には親権を巡るトラブルや養育費を巡るトラブルといった子供に関するトラブルが非常に多く、場合によっては裁判になることも少なくありませんが、こうしたトラブルが長期化するほど子供に与えるストレスや負担は大きくなります。

 

 

 

また、離婚相談をする人は子供のことだといって相談をする人が多いものの、話しを聞いていると子供のことを中心に考えているようで考えてない人が多く、結局は自分が離婚をしたいということや相手に苦痛を与えたいということの離婚相談になってしまっている場合がかなりあります。

 

 

離婚をするときは子供の気持ちを考えて

離婚をする理由は夫婦によっていろいろだと思いますが、離婚をすると決めてから離婚が終わって一息つくまでの期間は誰であっても気持ち的に何らかの負担がかかっているので、この負担が邪魔をして子供のことまで考えることができない人がいます。

 

子供からすると好きなお父さんとお母さんが離れるだけで嫌なことであるので、いがみ合って別れるのはできるだけ避ける必要があります。