離婚からトラブルとなる

幸せは長く続かない……?

結婚をする場合はどのようにして好きな人と一緒に生活が出来るようになるのか、恋愛時代から様々な努力をしてプロポーズで結婚したいという気持ちを相手に伝えて、そこで相手が結婚を承諾してくれるタイミングが最高の幸せだと思います。

 

 

ここをピークにしてしまうことでそこからは下降線を辿るだけとなり、相手が嫌になってしまって離婚をする流れになる場合がありますが、単に離婚するだけで話しが進めばそこまで問題はありません。

 

 

離婚にはトラブルとなる要素がいっぱい

離婚をすると財産分与やどちらかに過失がある場合は慰謝料の請求、子供がいる場合は親権や養育費などの問題と、離婚にはトラブルになりそうな要素がいくつもあります。

 

離婚相談の中には単に離婚がしたいという気持ちを伝えるだけの相談から、弁護士や司法書士にトラブルを解決してもらうための離婚相談などがあります。

 

いずれの場合も相談をすると言う時点で何らかのトラブルを抱えてしまっている場合が多く、結婚相手と自分との温度差が大きくなれば大きくなるほど問題はより深刻なものになります。

 

 

離婚は当人同士で終わらないことも

離婚を検討している場合は別れ話においてどのようなトラブルが起こりそうかということを事前にシミュレーションしておくということも大事です。

 

離婚相談をする場合は予想されるトラブルなども一緒に相談するとスムーズにことが進みますす。

 

 

当人だけのトラブルで済むならマシですが、場合によっては親族を巻き込んだ大きな争いになることもあるため注意が必要です。