離婚の件数は年々増えている

結婚生活の中で何かしらのトラブル

離婚相談の件数は年々増えていて、それに伴って夫婦の離婚率というのも上昇しています。

 

結婚をする時は誰しも幸せな生活を送りたいと考えて結婚をするわけであって、離婚することなど考えていないと思いますが、離婚をするということは結婚をした後の結婚生活の中で何かしらのトラブルがあったということになります。

 

 

離婚が増えた原因は女性の社会進出

昔に比べて離婚が増えている理由に女性の社会進出がありますが、昔は男性が働いて女性は家で家事や育児などをして家庭を守るというのが一般的で、立場的に女性の方が我慢をする場合が多くありました。

 

 

収入源は男性にあり将来のことを考えた場合に離婚をするのが得策ではないと思う女性が多かったので離婚にまで話しが進むことがありませんでしたが、最近は女性の社会進出も進む自分だけでの力で生活をすることもできるようになったので、男性に依存する必要性が無くなり離婚がしやすい環境となりました。

 

 

女性の離婚相談が増えている理由は?

そうした背景もあって女性の離婚相談というのはかなり増えています。

 

男性に比べるとより女性の方が淡泊な場合が多いため、男性の離婚相談の場合はまだ未練が見られることがある反面、女性になると離婚先まで既に見据えている場合がほとんどです。

 

 

もちろん女性側に原因があって離婚をするというケースもあります。

 

 

しかし、女性側が原因になる離婚と男性側が原因になる離婚では根本的なところが違う場合が多く、それぞれの夫婦によっても原因は様々となっています。