離婚はもはや当たり前

離婚相談を聞いてくれる専門の機関が増えている

離婚相談専門機関のイメージ画像。

近年の日本は婚姻率の低下は晩婚化、少子化などの問題が深刻となっているため、結婚ができない人にスポットが当たって特集されるケースが多くなっています。

 

結婚をする人が減っている反面、結婚をしている人が離婚をするケースというのが増えており、婚姻状態にある夫婦が減っています。

 

離婚をする人が増えたこともあって、最近は結婚相談だけでなく離婚相談を聞いてくれる専門の機関というのも随分増えることになりましたが、離婚相談をするのは夫婦の中で女性だけでなく男性にも多く、離婚の原因はその夫婦によってどちらに原因があるのか変わってきています。

 

 

離婚とは……?

離婚とは婚姻関係を解消することを言います。

 

結婚をする場合は婚姻届を役所に提出して結婚という行為を法的に認めてもらうのが普通で、反対に離婚をする場合も離婚届を提出して正式に夫婦では無くなったと認めてもらう必要があります。

 

 

婚姻届を出すときの嬉しい気分とは真逆の気分になっている場合がほとんどです。

 

 

実は日本は離婚率が高い国!?

ちなみに日本は外国から見ても特に離婚率が多い国だと言われており、これは離婚相談の件数が多いことからも予想することができます。

 

離婚率が高くなっているのは昔からではなく比較的最近になってからのことで、こうした背景には男女の仲という話しだけでは済まない複雑な社会や環境も関係しています。

 

 

いずれにしても結婚をするよりも離婚をする方が大変と言われるくらいなので、離婚を決意した後は様々な困難が待ち構えています。